FC2ブログ
まほろば(奈良・大和路)
奈良について勝手気ままに綴るブログです。奈良好きの方は是非立ち寄って下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第5回たかとり探検隊 その1
今月の22日に高取町で開催された「第5回たかとり探検隊」に参加して来ました今回はこの「第5回たかとり探検隊」について紹介したいと思いますが、その前にたかとり探検隊に関する動画を見つけたので、興味のある人は見てみてください↓
■再生には、Windows MediaPlayer9以上が必要です。■
奈良テレビ 県政フラッシュ「第5回たかとり探検隊紹介」(平成18年1月22日放送)
NHK たかとり探検隊紹介(平成16年7月9日放送)


今日は天気予報では雨が降るとの事でしたが、幸い晴天に恵まれ、さっそく集合場所の近鉄「壺阪山駅」へ向かいました。着くと、2~3人しか人がいなくておかしいなぁと思っていたら、時間を間違っていて集合時間ギリギリの到着でした

信楽寺でも、何とか間に合ったみたいなので、さっそく地図を受付の方にもらって出発!
まずは前に紹介した土佐街道を抜けて「信楽寺(しんぎょうじ)」へ。ここは高取に伝わる「壺阪観音霊験記」に登場するお里さんと沢市(さわいち)さんのお墓があるという事で、ガイドの方に色々とお話をしていただきました。
この「お里沢市」の物語は盲目の人沢市とその妻お里の夫婦愛をテーマにしたもので、今から300以上も前の伝説です。
お里は自分を助けて盲目となった沢市の目を治す為に「壺阪寺」に通い続け、みごと沢市の目を開眼させたということです。この事から壺阪寺は目にご利益があるお寺として有名になりました。また、このお話は数年前に歌舞伎でも演じられており、その時は沢市役を中村勘九郎が、お里役を中村児太郎が演じたという事です。
信楽寺を後にして高取の古い町並みの中を歩いていくと「高生(たかぶ)神社」へとつながる石段が見えて来ました。そこで今回このたかとり探検に初めて参加されたと言うおじさんに出会い色々とお話をしました。お話をしていると素敵な狛犬を発見!おじさんのお友達に全国の狛犬を研究されている方がいるという事で、その後妹と少しマニアックな狛犬話をして盛り上がっていました。(タモリ倶楽部的な話ですね・・・。)
たかとり探検隊コース

次の日に高校時代の友達に会って話を聞いたのですが、狛犬は対になっていますが、角のある方が狛犬で角のない方は狛犬ではなく獅子だというのを聞きました。ふ~む。知らなかった・・・。

高生神社狛犬を後にしてまた階段を登り、鳥居をくぐると高生神社が見えて来ました。ここ高生神社は高皇産霊神(たかみむすびのかみ)が祀られている由緒ある神社で、1570年に高取山から現在の地に移されました。ここでもガイドの方の話を聞く事が出来たのですが、時間もあまりなかったので、他の人が説明を聞いているのを横目に先へと進みました。神社の裏へまわると林が広がっていて、それを抜けると車道が見えて来ました
しかし、車道を歩いてしばらくするとすぐに山道へと差しかかりました。

たかとり探検隊コースこの山道は思いのほか険しく、普段あまり運動をしない私達にとっては結構つらい道でした。途中後ろから来た人たちにも追い越されて、もっと普段から運動しないとだめだなぁ~なんて事を二人話していました。しかし、この山道を抜ければ今回のメインでもある壺阪寺があるので、頑張って登ります
フウフウ言いながら山道を進んで行くと、小川が流れていて、サラサラと音がしていました。この小川の流れにちょっぴり癒されて元気良く山道を登っていきました。
もうすぐで壺阪山寺に到着というところで山道の階段を登っていると、高取を一望出来るスペースがありました。ハイキングに参加している人がお弁当をおいしそうに食べていたので行ってみると高取の山々と民家が見えました。ここでおいしい空気を沢山吸って、いよいよ壺阪寺へと向かいました。

第5回たかとり探検隊 その2(壺阪寺)へ続きます!


*たかとり探検隊で撮った他の写真*

たかとり探検隊コース たかとり探検隊コース

たかとり探検隊コース 高生神社

たかとり探検隊コース たかとり探検隊コース


(左上)たかとり探検隊コース
(右上)丘の上からの眺め
(左中)高生神社前の石段
(右中)高生神社
(左下)壺阪山寺へ続く山道の中
(右下)山道で見つけた石仏
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
狛犬になるほど~
狛犬、結構好きです。
四天王に踏まれている邪鬼に、通じるものがあるからかな?
角の話は面白いですねー。
ある方が犬だなんて…なんでかな?
犬も昔は愛玩動物ではなかったのですね。
神戸の生田神社の狛犬くんには、角が3本ありましたよ。
由来なんか調べたら面白そう。
そのおじさんの友だち、キープしたい(笑)

壺阪山寺って、大きな鐘かなんかで有名じゃなかったっけ?(うる覚えです…)
山寺はいいなあ。
行くのは大変だけど、その景観は見事。清々しい気分になれますよね。
次は壺阪山寺登場ですね。『その2』を楽しみに待ちます!

私の好きな写真は、もっちろん『左中・神社前の石段』です!(笑)
2006/01/28(土) 10:43:41 | URL | ミラ #-[ 編集]
動画観たよ~
今更ですが、観ました!
面白かったぁ!
壺阪山寺の巨大石造(観音さまなの?)、上州高崎の高崎観音を思い出してしまいました。
あれは、新しいものですね。

動画で観ると、平均年齢高し。
ヨシノちゃんたちは孫のように可愛がられたのでは?(笑)
2006/01/29(日) 17:00:43 | URL | ミラ #-[ 編集]
室生寺五重塔
去年9月のエントリにTB飛ばさせていただきました。
室生寺五重塔について検索したら偶然こちらがヒットしまして、あまりの偶然に一人「わぁ!」と感激しました(笑)
写真つきで丁寧に解説なさっている様子にこれまた感激。
すごい。素敵。大好きです。
これからもそんなヨシノさんでいてください……(ほんわか)
2006/01/30(月) 11:16:22 | URL | ユエ #iG8sYXl2[ 編集]
狛犬いいですね~。
■ミラさん■
今まであまり狛犬をじっくり見る事はなかったんですが、よくよく見ると色んな狛犬があって面白いですね(^_^)
でも、こういう話って一般の方(?)には中々理解してもらえないんですよね~。高校の頃の友達に寺が、仏像が、狛犬が~!なんて事を話しても「物好だね。」で終っちゃうんですよね・・・。何か次元が違うというか・・・。価値観が違いすぎるというか。
(でも、芸大の友達にこんな話をすると皆かなり食いついて来てくれますよ!)
ミラさんとは色んな話で趣味が合うので楽しいです♪

話がちょっとそれちゃいましたが、狛犬って時代によって、ストレートパーマが流行った時代なんかもあるらしいです。今度寺社巡りなんかをする時には注意して見てみます!!

あと、動画見てくれたんですね~!
ホント、平均年齢はかなり高かったです・・・。でも、壺阪寺では私と同い年位の人がご朱印をもらっていました。
おじさん&おばさん達とお話しするのは、もちろん大好きなんですが、若い人を見るとかなりうれしいですね♪
あと大きな鐘についてですが、確か鐘はあったと思うのですが有名なのかどうかはよく分からないです(T_T)/
巨大仏に関してはまた「その2」の方に詳しく載せたいと思いますが、確かインドから贈られたものだったと思います。
明日で学校の課題も終るので、また記事を更新していきたいと思います!!
2006/01/31(火) 00:22:23 | URL | ヨシノ #gquJYVHA[ 編集]
TBありがとうございます!
■ユエさん■
室生寺の記事にTBしていただいてありがとうございます!
そんなに喜んでいただいて、良かったです(^_^)/!!私も記事を書いたかいがありました♪

そして・・・。私も大好きですよ~★
ユエさんのブログにはほぼ毎日の様に通わせていただいています!
素敵な奈良情報これからも楽しみにしていますね!(また足跡付けに行ったりしますので、その時はよろしくお願いします!!)
2006/01/31(火) 00:35:09 | URL | ヨシノ #gquJYVHA[ 編集]
狛犬に注目!
ストレートヘア! わお!面白そう!
興味深い!
見てるようで、ヘアスタイルまでは気づかなかったなー。
私も今度、注目してみようっと。

この前法隆寺に初めて行ったとき、金堂入ってすぐの、持国天が乗ってる邪鬼が、あまりに可愛くてお間抜け顔で、お寺の人に「これ…邪鬼ですよね?」なんて聞いてしまいました(笑)
ブタかと思ったんだもん。
お寺の方いわく「仏さまのお顔は、その時代の世相を反映している」んだそうで。
平和な時代の仏さまは(邪鬼だっても)優しいお顔なんだそうです。
いろんな角度から見えてくるものがあって、楽しいよね。

狛犬のヘアスタイルにも、そのときの世相が反映されてるのですね。
流行なんかがあるのは、とっても面白い!

私もヨシノちゃんと話すのは、楽しいですよ♪
ナラシカは『仏教美術のブログ』ではないので、アップすることがあってもなるべく、おふざけ程度に軽くなるように心配りをしています。
(アレでも、配っているのです 笑)

でも時には、熱く語りたいこともある!
去年から始めたmixiでは、個人色を出して書いてるんだけど、仏像関係の話はあまり書かないですね。
面白がってくれる人はやはり、少ないです。
(1回書いたけど、反応が殆ど無かった~)
偏っちゃうとまた面白くないし。
でなわけで、ここで語るのが楽しみなのです♪
いつも、長々ごめんね~。

ではでは、次を楽しみに待ちますね。
2006/02/01(水) 09:14:18 | URL | ミラ #-[ 編集]
邪鬼も面白いですね!
■ミラさん■
最近なんですが、みうらじゅん&いとうせいこうさんの見仏記シリーズ(本もTVも)にハマって、邪鬼も結構いいもんだな~と思う様になりました!
ミラさんのお話を聞いて増々・・・。
平和な顔してる邪鬼ってホントにいいですね~。この前法隆寺に行った時には邪鬼をちゃんと見る事はなかったので、今は惜しい事したな~と思ってます。
可愛くてお間抜けでブタみたいだなんて、本当に心くすぐられますね~(^_^)
邪鬼も捨てたもんじゃナイです!!

仏教美術って何だかお固い感じで興味のない人には面白くないものなのかも知れませんが、結構奥が深くて、面白いですよね。
仏教美術=おじいちゃん、おばあちゃんの趣味と思っている人には中々理解しがたいのかもしれないですけど、みうらじゅん的に言えば、仏像はアイドルでお店でよく売っている仏像のポストカードはアイドルのブロマイド。朱印帳はアイドルのサイン帳なんですよね~。
仏像も見方を変えれば面白いのに・・・。
その点、ミラさんの「おふざけ程度に軽くなるような心配り」は素晴らしい事だと思いますよ!そんな風に出来るのは、ミラさんがそのモノに対して様々な視点を持っているからだと思います♪

(最近はみうらじゅんさん&いとうせいこうさんもそうですが、モデルのはなさんなど、仏像鑑賞(見仏)に対する新たな提案をする方も沢山増えてきて、若い仏像ファンの方が徐々に増えて来ている様に思います!)
もっと、もっと仏教美術にスポットがあたる様になればいいですね~☆

※ミラさんmixiを始められたんですか~!最近mixi愛用者が増えて来ていますね!!
でも、仏像関係のお話に反応が殆ど無いっていうのは悲しいですね。
最近返信するのが遅くてアレなんですが、いつでも仏像話などしにきて下さいね~♪

(最後に、「たかとり探検隊 その2」についてですが、先におんだ祭りの記事を書く事にしたので、先に延びてしまいました。ミラさんもうしばらく待って下さいね!!)
2006/02/07(火) 00:18:56 | URL | ヨシノ #gquJYVHA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamatozi.blog22.fc2.com/tb.php/33-875b64ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。