FC2ブログ
まほろば(奈良・大和路)
奈良について勝手気ままに綴るブログです。奈良好きの方は是非立ち寄って下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「室生寺」その1(参道~五重塔まで)
今年の5月頃、室生(むろう)の里にある女人高野「室生寺」に行ってきました。
この季節、室生寺には「石南花(しゃくなげ)」の花が咲きみだれていて、それを目当てにか観光客が沢山訪れています!
私は今回初めて室生寺へ行ったんですが、行く前まではどちらかというと人があまりいなくて、落ち着いた感じだというイメージを持っていました。
いや~。でも人がかなり多かったです!駐車場もほとんど満車で、やっと場所を見つけて車を止める事が出来ました。でも、これだけ人が沢山訪れるという事は、それだけ期待が持てるということで、さっそく出発!!
室生寺の参道には色んなお店が沢山並んでいてとてもいい雰囲気です。川も流れているし、大きな山もあって空気がとてもおいしい。帰りにはお店の探索でもしようかと思います!

太鼓橋参道を抜けると真っ赤な太鼓橋があります。(左の写真は太鼓橋を渡った所から参道のお店を撮ったもの。)
何度かつまずいて転けそうになりました。(こんな所でつまずいてたら室生寺なんてとても制覇出来ないですね・・・。)
室生寺は山なので、かなりの体力がいります!初めて来る人は注意!!ちゃんと運動靴を履いてくる事をお勧めします。
仁王門太鼓橋を渡って、右へ歩いて行くと「仁王門」に到着!(室生寺の入山料は500円で、チケットと資料を貰いました。)
阿吽の仁王像はやっぱり迫力があります!!しかもここの仁王像はカラフルです。しばらくここで仁王像を眺めたあと、いよいよ中へと入って行きます。入ると直ぐ横に「バン字池」があります。上から見ないとよく分からないんですが、本当にバン字の形をしています。(写真を撮ってないので、自分の目で確かめて下さい!)

鎧坂目の前には「鎧坂」。想像以上にいい雰囲気を醸し出してます!石南花も見事に咲いてます!!
周りを見渡すと、写真を撮っている人や写生をしている人などがたくさん。本当にすばらしい景色で感動しました。さすがは室生寺!
でも、今回は人が沢山いて思った様な写真が撮れなかったので、今度はシーズンオフに来たいですね。(よくパンフレットに載っている様な、人気のない鬱蒼とした感じが理想的です。)といっても、シーズンオフに来た事がないので、シーズンオフの人の量がどれほどなのかは正直分からないんですが。あまり、人が多いのを好まない人はこの時期は外した方がいいかもしれませんね。

石南花←石南花をアップで撮ってみました。石南花という花を生で見たのは多分生まれて初めてです。もしかすると一番いい時期に来れたのかも!?というぐらい立派な石南花が沢山咲いていました!それと、この時期室生寺には「ハナズオウ」という花も咲いています。私は五重塔の直ぐ近くに咲いているのを見つけました!!後でこの時撮った写真の画像も載せておきます。

金堂鎧坂を登ると「金堂」があります。この金堂の中には御本尊の「釈迦如来立像」や「薬師如来像」「地蔵菩薩像」「文殊菩薩像」「十一面観音菩薩像」などが並んでおり、その前には運慶作と伝えられている「十二神将像」が並んでいます。また、本尊の背後には「帝釈天曼陀羅図」が描かれています。これらを見る為に、金堂の前には人が沢山並んでいます。

本堂金堂の横にある階段を登ると本堂の「灌頂(かんじょう)堂」があります。
この灌頂堂は真言密教の最も大切な法儀である灌頂(灌頂とは水を頭頂にそそぐの意。)を行う堂だそうです。私はてっきり金堂の方を本堂だと思っていました。いい意味でこじんまりとしていて、しみじみとした感覚になりました。

五重塔前本堂をすぎると、いよいよ「五重塔」が見えてきました。この五重塔は高さが16.1メートルで、なんと日本で一番小さい五重塔だということです。室生寺と言えば、石南花とこの五重塔が有名なんじゃないでしょうか?
しかしこの五重塔、平成十年の九月頃に台風によって大きな損傷を蒙ったそうで、今の五重塔は平成十二年十月に修復されたものらしいです。
それにしても赤と白の調和が見事で、美しい五重塔です。できれば、損傷する前の五重塔も見てみたかったですね。国宝にも指定されているという事で、見る価値は充分にあると思います。


*室生寺で撮った他の写真*

花 弥勒堂

金堂 五重塔

(左上)金堂近くに咲いていた黄色い花
(右上)弥勒堂(左下)金堂(右下)五重塔とハナズオウ

「室生寺」その2(五重塔~奥ノ院)へ続きます!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
室生寺行きたいな
丁度今、大阪の親戚から電話があって「室生寺に行きたい」なんて話をしたところです。
室生寺といえば、真っ先に浮かぶ絵は入江泰吉の五重塔。
この10月に奈良に行く予定ですが、今回は法隆寺でお終いかな…。
室生寺もいつの日かきっと!
ウォーキングシューズ履いて行きます!
2005/09/05(月) 22:07:37 | URL | ミラ/ナラシカ #-[ 編集]
すごくいい所なので是非来て下さい!
室生寺は不便な所にあるので、ちょっと行くのは大変ですよね。でも、一度は行ってみる価値ありですよ!
でも、法隆寺もいいですよね~。私も行きたいです・・・。いや!行きます!!多分今年中には。
ミラさんまた、法隆寺に行ったら感想など聞かせて下さいね♪
2005/09/06(火) 00:17:35 | URL | ヨシノ #gquJYVHA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamatozi.blog22.fc2.com/tb.php/2-46edf0ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
私は交通広告が大好きだというお話を以前しました。これからちょこちょこと奈良に関する面白広告があれば載せていこうかなぁと思います。で、前回の「奈良によっちゃいました」に続い
2006/01/30(月) 11:11:37 | 奈良ならでは
室生寺室生寺 (むろうじ)は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。山号を宀一山(べんいちさん)と号する。開基(創立者)は、賢?(けんきょう)、本尊は釈迦如来である。奈良盆地の東方、三重県境に近い室生の地にある山岳寺院である。宇陀川の支流室生川の北岸
2007/02/17(土) 11:02:07 | 日本の文化
石南花シャクナゲ (石楠花、石南花) は、ツツジ科ツツジ#ツツジ属|ツツジ属シャクナゲ亜属の植物の総称である。狭義にはアズマシャクナゲやツクシシャクナゲをいうが、学術上ではシャクナゲ類は広くツツジ属のうち常緑樹|常緑性のものを指す。関連: ツツジ.wikilis{font-s
2007/03/07(水) 23:49:04 | 漢方薬のしおり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。