まほろば(奈良・大和路)
奈良について勝手気ままに綴るブログです。奈良好きの方は是非立ち寄って下さい!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お引っ越し!!
長い間ブログを放置していてすみませんでした

まだまだ工事中で見苦しいですが、こちらに移転しましたので、これからもどうぞよろしくお願い致します
新URL→http://narayamatoji.blog105.fc2.com/

新ブログトップ画像

リンク等、上記↑のブログに貼り変えて頂ければ有難いです

スポンサーサイト
キトラ古墳と発掘された壁画たち
皆様お久しぶりですしばらく無断で更新をストップしていましたが、また少しずつ記事をUPしていきたいと思います。(コメントを残していただいた方、レスが遅れて本当に申し訳ないです
※ちなみに、更新をストップしている間に私は大学3回生になりました。そして大好きな吉野山でアルバイトをしていました。それから・・・、ついに奈良ファン倶楽部に入ってしまいました(どうでもいい・・・)

飛鳥資料館では、話をガラリと変えて、現在「飛鳥資料館」で行われている『キトラ古墳と発掘された壁画たち』についての話を書きたいと思います!
※この特別展は6月25日まで行われていますが、メインの壁画「白虎」の一般公開は今日(5月28日)まででした。

明日香村ファンの私としてはやはりこれは見逃せないと白虎に会いに行ってきました。着くと60分待ちという紙が貼られていて、やはり沢山の人の注目を集めている特別展なのだと実感しました・・・。(車のナンバープレートを見ても、奈良県外からも沢山の人達が訪れている事が分かりました
[キトラ古墳と発掘された壁画たち]の続きを読む

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

第5回たかとり探検隊 その2(壺阪寺)
山道を抜けて、いよいよ「壺阪寺」へと到着しました。中に入る前にまずは、たかとり探検隊のボランティアガイドの方から壺阪寺に関するお話を聞きました。

壺阪寺壺阪寺の正式名称は「壺阪山平等王院南法華寺」で、703年弁基上人によって創建されました。藤原京朱雀大路の真南、聖なるラインの延長線上にあり、藤原京の弥勒浄土の地となっていました。
本尊は「十一面千手観音」で、宗派は真言宗です。また、観音霊場「西国三十三箇所第6番礼所」として有名です。かの清少納言は「枕草子」の中で、「寺は壺阪、笠置、法輪、霊場は、釈迦仏の御住みかなるがあはれなるなり。・・・」と寺の筆頭に挙げています。

今回は「たかとり探検隊」に参加しているという事で、普段は500円の入山料が350円に割引されましたまた、入山料を支払う際に、壺阪寺のパンフレットと「つばさか茶屋」にて、めのおちゃとめせんべいを無料でいただける無料接待券をもらいました
壺阪寺を制覇した後にこのつぼさか茶屋に立ち寄ろうかと思います!!
[第5回たかとり探検隊 その2(壺阪寺)]の続きを読む

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

おんだ祭り(明日香村)
奈良県明日香村の「おんだ祭り」とは西日本三大奇祭の一つで、五穀豊穣と子孫繁栄を祈るお祭りです。なぜ、奇祭と呼ばれるのかというと、夫婦和合をユーモラスに演じるパフォーマンスからです。近年多くのメディアに取り上げられ、とても有名なお祭りなんです!今回はそんなおんだ祭りについてリポートしたいと思います!!
(たかとり探検隊については、またこの後に記事を書きますのでしばらくおまち下さいませ

おんだ祭り今回、「おんだ祭り」には大学の友達と一緒に行って来ました実は、私がこのおんだ祭りというものを知ったのは最近の話で、深夜の「オオカミ少年(現在は終了しました)」という番組を見てからでした。この番組の中で、奈良出身として有名な楳図(うめず)かずおさんが描いたおんだ祭りの絵を見たんですが、かなり衝撃的なものでした・・・。実際はこんなに怖くないんですが本当にこんな祭りが存在するのかと、はるばる大阪から来た友達と共におんだ祭りの実態を探りに行きました・・・。

11時に飛鳥駅で待ち合わせて、そこから私の恐ろしい運転で甘樫丘(あまかしのおか)付近の無料駐車場へ何とか無理矢理車を止めて、おんだ祭りが行われる「飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)」へと向かいました。会場はすでに多くの人で賑わっていて、「ササラ」という竹の棒を持った天狗が人々のお尻を叩き回っていました。
[おんだ祭り(明日香村)]の続きを読む

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

第5回たかとり探検隊 その1
今月の22日に高取町で開催された「第5回たかとり探検隊」に参加して来ました今回はこの「第5回たかとり探検隊」について紹介したいと思いますが、その前にたかとり探検隊に関する動画を見つけたので、興味のある人は見てみてください↓
■再生には、Windows MediaPlayer9以上が必要です。■
奈良テレビ 県政フラッシュ「第5回たかとり探検隊紹介」(平成18年1月22日放送)
NHK たかとり探検隊紹介(平成16年7月9日放送)


今日は天気予報では雨が降るとの事でしたが、幸い晴天に恵まれ、さっそく集合場所の近鉄「壺阪山駅」へ向かいました。着くと、2~3人しか人がいなくておかしいなぁと思っていたら、時間を間違っていて集合時間ギリギリの到着でした

信楽寺でも、何とか間に合ったみたいなので、さっそく地図を受付の方にもらって出発!
まずは前に紹介した土佐街道を抜けて「信楽寺(しんぎょうじ)」へ。ここは高取に伝わる「壺阪観音霊験記」に登場するお里さんと沢市(さわいち)さんのお墓があるという事で、ガイドの方に色々とお話をしていただきました。
この「お里沢市」の物語は盲目の人沢市とその妻お里の夫婦愛をテーマにしたもので、今から300以上も前の伝説です。
お里は自分を助けて盲目となった沢市の目を治す為に「壺阪寺」に通い続け、みごと沢市の目を開眼させたということです。この事から壺阪寺は目にご利益があるお寺として有名になりました。また、このお話は数年前に歌舞伎でも演じられており、その時は沢市役を中村勘九郎が、お里役を中村児太郎が演じたという事です。
[第5回たかとり探検隊 その1]の続きを読む

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。